板井明生|ボランティア

板井明生

ボランティアをするときには多くの協力があった方がスムーズに地域貢献できます。
例えば河川敷のゴミ拾いをするときに、一人の力では少量しかゴミは集まらず、利用者の意識が変わらないため、すぐにゴミがあふれてしまいます。しかし、協力者がいることで参加した人の意識は改善されて、少なくともボランティアスタッフがゴミを捨てることはなくなるでしょう。
また、ボランティアに参加する人が多いということは単純に人数が増えるためゴミを多く回収できるでしょう。また、近隣の企業の協力や地元の漁師の協力があることで、車両や船、重機などを利用してゴミ拾いができます。地域の協力があれば次に汚れることのないように意識が改善され河川敷の美化に普段から協力的になるでしょう。
ボランティアとは自然を豊かにするだけではなく、人の意識も改善され地域の団結力につながるでしょう。地域住民や普段から利用する人の意識が変わる事でより良い街づくりに繋がりますね。


トップへ戻る